スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

2013年10月10日の朝日新聞でコメントをしています

2013年10月10日の朝日新聞「復興へ、医学部解禁 政権、東北念頭に新設方針 文科相、告示見直しへ」でコメントをしている。

地域医療に詳しい伊関友伸(ともとし)城西大学教授(行政学)は「医学部をつくるなら『地元に定着し、高齢者を総合的に診る医師を育てる』と目的を明確に掲げるべきだ」と話す。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201310090612.html?ref=comkiji_redirect


医学部新設を全て否定するものではないが、きちんと目的を明確化し、効果がある形で設立すべきと考える。

設立も対立があるのを強行するのではなく、時間をかけて、設立によって起きる問題をできるだけなくすよう丁寧な設立が必要と考える。

スポンサーサイト


地域医療・自治体病院のマネジメント2013/10/12(土)18:58

原稿の執筆に追われる

久しぶりにブログを確認してみたら1か月書き込みがないため、広告が先頭に出ていた。

原稿の執筆に追われて、記事を書けなかった。

原稿執筆をするために、文献を読めば新しいことに気づく。

いつまでたっても終わらないのが学問なのであろう。


伊関のマネジメント2013/10/05(土)14:53

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。