スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

夕張希望の杜の夕張医療センターの指定管理終了

本日で医療法人財団夕張希望の杜さんによる夕張医療センターの運営は終了となる。
理事長の八田政浩先生、常務理事の池元洋平さん、看護の責任者の横田久美子さんを始め、スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。
10年間の皆様の活動に心から敬意を表します。

http://kibounomori.jp/blog/?p=637

スポンサーサイト


地域医療・自治体病院のマネジメント2017/03/31(金)12:49

『病院』4月号特集「生き残る病院の事務職」が刊行されます

伊関が編集担当となった医学書院『病院』4月号特集「生き残る病院の事務職」が刊行される。
病院4月号1 のコピー

済生会神奈川県支部長の正木義博先生と対談をさせていただいた。

病院4月号2 のコピー

筆頭論文は、「病院事務の歴史を考察する」という論文を寄稿した。
『病院』の特集を俯瞰することで、事務職の業務が単なる事務からマネジメントへ変遷していく過程を整理した。
伊関としても非常に挑戦的な論文になっている。

病院3 のコピー

病院4 のコピー

特集では
田﨑年晃氏より「これからの病院経営マネジメント職に求められるもの」
門田美和子氏より「病院における経営企画部門担当者に求められるもの」
三好彰範氏より「病院経営マネジメント部門における人材育成マネジメントのあり方」
久保田巧氏より「経営戦略と連動させる病院事務職の人材育成プログラム」
小前貴志氏より「病院事務職が目指すコミュニケーションとは」
藤井将志氏より「30代新任事務長の病院経営改革」
の各論考をご寄稿いただいた。

過去、病院の特集を担当した中でも、納得できる一冊となっている。
事務職の方々にとっても参考になると考える。


地域医療・自治体病院のマネジメント2017/03/26(日)08:55

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。