北海道PHP政策力アップ講座「特別セミナー」 地域医療再生に必要なこと-地域戦略としての医師養成・招聘のあり方を考える

北海道でPHP政策力アップ講座「特別セミナー」『地域医療再生に必要なこと-地域戦略としての医師養成・招聘のあり方を考える』で話をします。

http://research.php.co.jp/event/2013/08/28.php

全国の自治体病院等では、医師不足や病院財政の悪化により、廃止や診療の縮小、経営形態の変更などが相次いでいます。そうした中でも、医師を集め、住民と良好な関係を築き、優良経営を実現している病院もあります。両者を分かつものは一体何でしょうか。
 今回のセミナーでは、地域に留まり、地域で活躍する医師の養成で先駆的な取り組みを展開している旭川医科大学の例を紹介しながら、医師の集まる病院・地域、医師養成・招聘のあり方、首長・行政が考えるべきことなど、地域医療再生に向けた具体策を考えます。
 また、視察研修では、留萌市立病院等を訪ね、関係者へのヒアリングを通して、医療提供や医師招聘のあり方、住民との連携・協力など、自治体病院の生き残りに向けた挑戦の姿に学びます。

〔主催:PHP研究所、SAPPORO PHP朝日田コーポレーション 協賛:道銀地域総合研究所〕


【プログラム】

〔セミナー〕 8月28日(水) 13:30-17:00
『地域医療再生に必要なこと~地域戦略としての医師養成・招聘のあり方を考える』
〔講師〕 伊関友伸氏(城西大学経営学部教授、NPO法人ハンズオン埼玉代表理事)
     住友和弘(旭川医科大学第一内科医局長、循環・呼吸医療再生フロンティア講座特任講師)

〔視察研修〕 8月29日(木) 8:00-17:30頃 <専用バスにて移動>
『自治体病院にみる医療提供、医師招聘、経営改善への挑戦』(伊関友伸教授 同行)
〔内容〕留萌市立病院・笹川裕院長に聞く…医師招聘のあり方、「コホート研究」の取り組み等について
〔行程〕その他 *調整中


地域医療・自治体病院のマネジメント2013/07/29(月)21:06

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

なかのひと