子ども医療費無料制度 さいたま市見直しも

朝日新聞埼玉県版でさいたま市が子ども医療費無料化制度の見直しをすることを報道している。

私の知る限りでは、無料化を拡大することはあっても縮小は初めて見た。

反対意見が出そうであるが、現状の水準を維持する場合でもコンビニ受診をいかに減らすか、冷静な議論を期待する。

公開で審議をすることも評価する。

http://digital.asahi.com/area/saitama/articles/MTW1308231100005.html

子ども医療費無料制度 さいたま市見直しも
朝日新聞2013年8月23日
  
◇あすから公開審議
 【大津正一】さいたま市は、子どもの医療費の無料制度について、市民から意見を求めることを決めた。医療費の助成額が増加しているのに対し、出生数の伸び悩みなど効果が表れていないためだ。市は意見を踏まえ、子育て支援のあり方を検討する。

◇出生横ばい、助成額は増/「待機児童対策などの財源に」
 さいたま市は少子化対策や子育て環境の整備のため、医療費を無料にする事業「子育て支援医療費助成」を2009年10月に導入。現在、0歳~中学生の通院や入院の保険診療の自己負担分を市が全額助成している。所得制限はなく、市内の医療機関では窓口負担はない。入院時の食費半額も支給している。

 これまでに市は所得制限の撤廃や中学生まで対象を広げるなど事業を拡大。そのため、助成総額は増加し、現行の制度になった09年時点の見込みより16億円上回った。

 ほかの政令指定都市では小学生以下に限ったり、自己負担金を求めたりしており、さいたま市の助成は手厚い。このため、休日・夜間に軽い症状でも救急外来を利用する「コンビニ受診」が疑われるケースもあり、市は助成額増加の原因になっているとみている。受診件数が増えれば、重症患者への対応の遅れを招きかねず、医療現場の負担を懸念する声もある。

 また、一人当たりの医療費の増加も目立っている。昨年度見込みで比較すると、診療ごとに自己負担500円がある静岡市は1万7646円だが、自己負担以外はほぼ同じ条件のさいたま市は1・7倍の3万203円だった。
 ところが、年間出生数に目立った改善がみられないのが実情だ。現制度を導入する前の08年は1万1017人だったが、その後は1万1千人前後で横ばいが続き、昨年は少し減って1万706人。全国的な傾向とほぼ一致しており、今後も著しい増加は見込めない。(以下引用略)


地域医療・自治体病院のマネジメント2013/08/23(金)11:38

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

なかのひと