ガンジー「良きことはカタツムリのようにゆっくり進む」

今日、気づいたこと。

ガンジーの名言で「良きことはカタツムリのようにゆっくり進む」という言葉がある。

名言DBでは
「良きことはカタツムリのようにゆっくり進む。だから、自分のためでなく人々のために働く人は、いたすらに急がない。なぜなら、人々が良きことを受け入れるには、多くの時間が必要なことを知っているからだ」
と紹介する。

http://systemincome.com

地域医療の再生と結びつけてみると、再生には住民を含めた関係者の意識を変える必要がある。
だから時間がかかる。

私も、スピード感を持って改革をすることが大事と考えやすいが、その中に自分の功名心がないのか。
相手(医療機関・医療者)のことを考えず、自分の都合だけで「改革」を無理強いしていないか。

いろいろ考えさせられる言葉だと思う。


地域医療・自治体病院のマネジメント2014/08/30(土)08:45

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

なかのひと