スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

宮本太郎編著「地域包括ケアと生活保障の再編 新しい「支え合い」システムを創る」に論文を寄せています

明石書店からの新刊、宮本太郎編著「地域包括ケアと生活保障の再編 新しい「支え合い」システムを創る」に論文を寄せています。

内容は、「自治体病院の歴史」の第7章に相当する部分と重複しています。
こちらの本の出版の方が先の予定だったのですが、出版が遅れて「自治体病院の歴史」が先行してしまいました。

http://www.akashi.co.jp/book/b185591.html

序――地域包括ケアと生活保障

第一章 地域社会をいかに支えるのか――生活保障の再編と地域包括ケア[宮本太郎]
 一 地域社会の三つの困難
 二 生活保障の新しいかたち
 三 手がかりとしての地域包括ケアシステム
 四 生活保障の再構築と地域包括ケア
 五 むすびにかえて

第二章 「関係の自治体」の再建に向けて――東日本大震災と市町村合併の経験から[今井照]
 一 自治の原点、自治体の本質
 二 平成の大合併の終焉
 三 東日本大震災と自治体
 四 生命と安全を守る自治体の創出

第三章 生活保障システムの転換と地域包括ケア[井上信宏]
 一 問題の所在――新しい社会的リスクと地域包括ケアの焦点化
 二 生活保障システムと高齢者介護
 三 介護の社会化とケアの配分
 四 地域包括ケアシステムの系譜
 五 地域包括ケアを新しい社会システムにするために――おわりにかえて

第四章 地域包括ケアシステムにおける自治体行財政運営の課題[沼尾波子]
 一 はじめに
 二 介護保険財政の現状と地域包括ケアシステム
 三 ケアの計画とそのジレンマ
 四 事例にみる地域包括ケアの課題
 五 地域包括ケアシステム構築に向けた課題
 六 むすびにかえて

第五章 自治体病院の経営再生[伊関友伸]
 一 全国で起きる自治体病院・地域医療の危機
 二 医師や看護師不足はなぜ起きたのか
 三 病院の二極分化
 四 自治体病院のお役所体質
 五 質の高い病院経営に必要なもの
 六 自治体病院の存在意義
 七 地域医療再生に必要なこと
 八 地域医療再生における「共感」の重要性
 九 地域医療の再生と民主主義の再生

第六章 日本における社会的企業の現状と課題[大門正彦]
 一 はじめに
 二 社会的企業とは何か
 三 社会的企業の現状と課題
 四 社会的企業による就労支援の具体的実践例
 五 まとめ

座談会 地域包括ケアと地域共生のこれから[宮本太郎・猪飼周平・沼尾波子・堀田聰子]
 ●地域包括ケアと地方行財政の現状
 ●地域包括ケアの二つのディスコース
 ●地域包括ケアと新たな転換の可能性
 ●地域包括ケアのマネジメントとサービス提供体制

 あとがき
 執筆者・座談会参加者略歴


地域医療・自治体病院のマネジメント2014/11/16(日)18:47

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

なかのひと


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。