鹿島労災・神栖済生会、2病院統合再編を検討委報告書公表

茨城県神栖市の鹿島労災・神栖済生会の2病院について統合再編を検討すべきという委員会報告書が公表された。

伊関も委員になって議論に参加した。

鹿島労災・神栖済生会、2病院統合再編を 検討委報告書、医師不足解消狙う
茨城新聞2016年6月15日(水)

医師不足で共に厳しい経営が続く神栖市の鹿島労災病院(土合本町)と神栖済生会病院(知手中央)の統合再編の必要性を指摘する報告書が14日、両病院の在り方を議論してきた検討委の委員長・小松満県医師会長から橋本昌知事に提出された。報告書は、2病院の統合再編によって経営基盤を強化し、医療設備の充実を図って大学から医師の派遣を受けやすい新病院を整備する必要があるとまとめている。2020年度ごろに新病院開院を目指す。(以下略)

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14659133503113

議論に参加していて、実際の新病院建築は、その位置についてかなりもめるであろうと感じた。
果たしてどのような結果となるか。


地域医療・自治体病院のマネジメント2016/06/15(水)16:34

«  | HOME |  »


プロフィール

元埼玉県庁の職員。 現在は埼玉県の坂戸市にある城西大学の経営学部の教授で行政マネジメントを教えています。

伊関友伸

Author:伊関友伸

連絡先 iseki●pm-forum.org(●を@にしてください)

ブログ検索

カウンター

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

なかのひと